高齢犬を放すのに適した時期はいつですか?

飼い主が、ごみから子犬やシェルターからの仲間を選ぶとき、犬の寿命の終わりに利用可能な選択肢について考えることはまれです。新しい飼い主は、はしゃぎ回る興奮した犬をどのくらいの頻度で見て、エネルギーの束が古くなって死んでいくことに気付くでしょうか?考えるにはあまりにも憂鬱です。残念なことに、人生の最終段階は非常に速く忍び上がり、その時が来ると所有者はいくつかの厳しい決定に直面します。本当に手放す時だということをどのようにして知るのでしょうか?彼を愛するすべての人々に囲まれた家でフィドを倒すか、彼を死なせるか?これらは、シニア犬の世話をするときに飼い主が直面するいくつかの質問です。

本当に時間ですか?

犬の最後の日に気づくいくつかの症状は、食欲不振です。おいしい一口でも栄養素をなめさせることはできません。犬は水を飲むのをやめましたか?水は犬の健康にとって重要な要素です。彼らが水の皿から飲むことができない、または飲まない場合、何かが間違っています。犬は指定されたトイレエリアに行くことができますか?犬が身体機能の制御を失った場合、それは無視すべきではない警告サインです。犬が回復するのは病気ではなく老齢である場合、飼い主はどうやってそれを知ることができますか?獣医と話をするのが一番です。犬の生涯の最後の日に飼い主にアドバイスやオプションを提供することができます。



犬に優しい屋内植物

安楽死は最高ですか?

飼い主が高齢犬を安楽死させることを選択した場合、獣医師に何を期待するかについて話してください。手続きを予約するときは、朝の最初の予約、夕方の最後の予約、またはオフィスが混雑していないときに予約するように依頼します。家族に別れを告げるのは難しいので、手続きを急いだり、所有者を急いだりしてはいけません。飼い主は最後の息が止まるまで快適ですか?一部の所有者は、最後まで滞在しなかったことを後悔している。他の人は、滞在しないことで正しい決定がなされたと感じています。所有者が熟考する必要があるのは個人的な選択です。

自然死は最高ですか?

時々、家の快適さは、犬がレインボーブリッジを平和的に横断するために必要なものです。最良の意図を持つ所有者は、死にかけているペットの側に座って、優しい言葉と愛情のこもった愛offeringを提供します。すべてがうまくいけば、通過は静かになります。時々、パッシングはそれほど平和ではないかもしれません。所有者は、これを考慮して決定する必要があります。彼らは穏やかな死の可能性に備えていますか?

誰かが自分の心を愛する人の死に巻き込むのは難しく、時が来たら計画を立てるのはもちろんです。犬が元気になっている間に今それを熟考すると、時間が来たときにいくつかの頭痛や心配を軽減するかもしれません。

より健康で幸せな犬が欲しいですか?メールリストに参加すると、困っているシェルター犬に1食を寄付します!