介助犬、セラピードッグ、エモーショナルサポートドッグの違いは何ですか?

これら3つの異なる犬の仕事にはさまざまな違いがありますが、それらにはすべてある程度の必要性があります。介助犬は、ハンドラーが自分でできない特定のタスクを実行するために必要です。治療犬はペットと見なされますが、施設に入り、困っている人に社交を提供します。精神衛生の専門家は、いくつかの衰弱性の問題を軽減するために、精神的支援動物を推奨しています。 3つすべてに仕事がありますが、どこで区別線を引くのですか?

介助犬

タイトルが示すように、介助犬は特定のタスクで個人を支援するために特定の能力を発揮します。見たり、聞いたり、操縦したりしても、これらの高度に訓練された犬は仕事を非常に真剣に受け止めます。これらの犬を介助動物として分類するためのトレーニング、テスト、および認証のため、公共交通機関(飛行機、電車、バス)のレストランや店舗など、人間が行くところならどこでも許可されています。



尻尾を振ると幸せ

セラピードッグ

介助犬であるセラピードッグは、病院で患者を訪問したり、読むのに苦労している子供たちに辛抱強く耳を傾けたりするために、まだかなりの評価テストとトレーニングを受けています。セラピードッグはさまざまな仕事のために訓練されるかもしれませんが、彼らの介助犬とは異なり、セラピードッグは人間と交流し、社交的で魅力的であるよう奨励されます。これらの犬はいくつかの会場で歓迎されていますが、介助犬と同じ許可はなく、招待されない限りほとんどの公共施設で許可されていません。

私の犬はいつも臭い

心の支え

すべての犬は家族との関係を通じて何らかの感情的サポートを家族に提供しますが、日常的に機能するために犬の感情的サポートを必要とする飼い主もいます。感情をサポートする動物は、特別なトレーニングや認定を必要としません。とはいえ、犬を感情的支援動物と呼ぶ前に、犬を感情的支援として主張するために必要な文書がある場合、アメリカ障害者法(ADA)について誰かと話すのが最善です動物。

孤独な犬

犬は人との関係を通して多くの帽子をかぶっています。腹心、ボールレトリバー、ベッドウォーマー、ごみ処理;犬は人間の世界で順応性があり、帽子を一atするだけで義務に移行できます。ただし、すべての犬が介助犬または治療犬に適しているわけではありません。これらのユニークな性格には、すべての犬が持っているわけではない特定のスキルと才能が関係しています。また、介助犬が行うこと、治療犬が行うこと、および感情的支援動物が果たす役割の間にはいくつかの違いがあります。

より健康で幸せな犬が欲しいですか?メールリストに参加すると、困っているシェルター犬に1食を寄付します!