ピットブルは負傷した鹿を愛情を込めて慰め、助けが来るまでそのそばにとどまります

そして再び、別のピットブルがニュースになりました!この甘くて愛情深いピットブルの名前はゴッティです。ゴッティの飼い主は、フェンスにからまって怪我をした鹿をなめたり慰めたりしていることに気付きました。ゴッティの人間は鹿を解放しましたが、鹿は逃げませんでした。代わりに、鹿はただ近くにとどまりました。そこで彼女は地元の野生生物のリハビリテーションクルーに電話して、鹿の負傷を評価しました。助けを待っている間、ゴッティは鹿の頭と足を舐め、助けが届くまでそのままでした。

Awwww…ゴッティは甘くない?この甘くて優しいピットブルにコメントを残してください!

あなたはこれが好きでしたか?

より健康で幸せな犬が欲しいですか?メールリストに参加すると、困っているシェルター犬に1食を寄付します!