心を痛めるクリップは、ペットショップと子犬工場についての本当の真実を示しています

これらの恐ろしい場所との戦いにもかかわらず、子犬工場は全国にまだ存在しています。非常に多くの人々がオンラインまたはペットショップでこれらの「ブリーダー」から子犬を購入し続けていますが、多くの人が幸運にもこれらの残酷なビジネスを終わらせるために戦いに取り組んでいます。これらの人々はまったくブリーダーではなく、愛する動物の搾取者です。これは、子犬工場のひどい生活に生まれ育った多くの犬の1つであるリリーの物語です。リリーは下顎を失って生まれ、7年間ケージに入れられたままで、走り方さえ学ばなかった。彼女が最終的に救出され、愛する永遠の家に連れて行かれたとき、彼女の養子は彼女を投獄した人々に心痛い手紙を書きました。

このようなビデオは、子犬工場で実際に起こっていることを他の人に教育するための重要なリソースであり、これらの恐ろしい施設に終止符を打つのに役立ちます。このビデオは、ドキュメンタリー「I Breathe」の短いクリップで、ここで視聴できます。

より健康で幸せな犬が欲しいですか?メールリストに参加すると、困っているシェルター犬に1食を寄付します!